瑞浪地歌舞伎観客席・舞台で見た 伝承への意気込みと地域力・・・。

コロナ感染予防と言うことでここ3年、中止されたり、無観客で行われていた瑞浪美濃歌舞伎公演が9月29日(金)30日(土)の両日相生座で公演された。京都から200㎞名神自動車道をひとっ走り、3時間の時間を要したが、開演 30分前に相生座に到着した。 真新しい幟旗が私を歓迎してくれた 相生座前の幟旗(のぼりはた)の数がやたらに多い!しかも、真新しくて瑞浪地歌舞伎の意気込みが、幟旗(のぼりはた)本数や真新

続きを読む »

門外漢の私にも感じる…、歌舞伎界澤瀉屋(おもだかや)の怪

 テレビの情報番組でしきりに伝えられた…、 今でも伝えられている4代目猿之助の事々に心が痛み、テレビ、ネットしか知りえない私ですら、人が命を絶ち、両親も共に命を絶とうとした惨劇に思わず絶句し、事の推移に思いを巡らしながら、人間の弱さ…、どんどんと落ち込んでいく坩堝(るつぼ)ともいえる『あやまち』の連鎖、アリ地獄ともいえる負の連鎖にあがらうことのできない部類の人の悲劇と人間の性(さが)を想起する私、

続きを読む »

親しき方が「天寿全うして?」鬼籍へ

今夏、三者三様の死の報を受けた。MさんもHさんも偶然に入院先から私の携帯電話に近況を知らせてくれた。Tさんは奥様から電話で…。 Mさんは本人曰く「不整脈で心臓術後、1週間で 歩行リハビリしています」と連絡を頂いた。「もうすぐ退院します」とも言い添えてくれていた。 Mさんは『退院後は100歳まで元気に生きて、孫たちの成長を楽しむ』と話していた私への電話連絡後、数日で『生』への強烈な思いを残して逝って

続きを読む »

暑中お見舞い申し上げます。

酷暑の夏を元気に、思いをもって乗り切ろう!! 今朝、耳にしたのは『セミしぐれ』早々とセミが鳴きだした。ついこの間まで鶯の鳴き声を聞きながらの正道官衙ストレッチ、まさに「光陰矢の如し」の例え通り、この7ヶ月の経過の速さに驚くことしきり。 さて、酷暑の夏本番を迎え、「守ろう6つの約束」厳守を、あらためて皆さんに訴えます。 今日,八王子で全国初39℃を記録しました。年々想像を絶する酷暑が予想されます。私

続きを読む »

正道官衙体育祭準備に万全を・・・

令和5年11月23日(木:祝)開催の『第1回つどい・つながる・健康長寿正道官衙健康体育祭」出場団体順次確定しています。 開催が4ケ月余り先とはいえ、城陽市教育委員会の使用許可.城陽警察署 地域課.城陽消防署予防課への届け出など開催に必要な許可・届出を済ませ、現在、出演団体の出場を決めていく段階となりました。 過日、以前に当会の昼間時「運動教室」開催時にご指導いただいたワークアウト21代表Y/M先生

続きを読む »

第1回 つどい・つながる・健康長寿体操祭の開催.エントリー随時募集(5人以上の各種取組団体)

  開催コンセプト 齢を重ねる者ともに… 『第1回 つどい・つながる・健康長寿体操祭」の開催 主催:正道官衙でストレッチを楽しむ会 開催実行委員長  (当会 世話役代表) ・月日 R5。11.23(木:祝) 8:30開場 雨天26日(日)順延 ・場所 正道官衙遺跡公園 特設舞台(フラットステージ18m×17m+芝生) ・招待団体 エントリー公募団体 で15チーム 15になれば締め切り ◎

続きを読む »

どのような日々が、そして、日々の願いは・・・

2007年存命中に日野原重明先生いわく 『人生最後の時期はいつだと思われますか?』と、講演会で問いかけられた。そうです。 人生の最後の時期は・・・「わからない」しかし、体の衰えからなんとなく、「そろそろ、お迎えかな?」とのことぐらいはわかるもんだと、元気な今、思っている。 65歳以上を『老人』と定義したのは、国連が1956年に「文化国家は65歳以上を老人とする」決めたところからはじまった。1956

続きを読む »

佐賀県で❛鎌田塾❜開設の鎌田實医師『さあこれからだ!』90歳の壁を五つの「活」で!

★★老い方には、その人の生活習慣、環境、生き方が大きく左右する。70歳代で介護が必要になる人、一方80歳、90歳近くでも旅をした り、積極的に生活を楽しんでいる人がいる。この差はいったい何なのだろうか?医療費が高く不健康問題を抱えていた佐賀県で『鎌田塾』開き、改善のために筋トレを行うと同時に、社会的弱者にならないよう、買い物やウオーキングを勧めた。結果はどうだ!健康寿命日本一になった ★★活動的、

続きを読む »

愚かな了見では歳をとれない…

人生100年時代とは言え、なかなかスゥ-ッとは平穏にはいかないと覚悟しながらの老いの日々である。当会の90歳で長老であったSさんも脚立でガレージの上の方に有るものを取ろうとして、落下、肋骨骨折で不自由を嘆くようになられた。 先日、近所の同輩の人と世間話をしていたところ、『えらい目にあいましてん』と話された。話の一部始終を聞くと他人事とは思えなくなる。 ★★★ 彼は私より4歳下の78歳、趣味多く元気

続きを読む »

様々な仕組みにも目を向けて… くたばってはおられん!

年金受給者の確定申告は・・・ 納税は国民の義務、されど、節税と税の使い道には幾つになっても関心事でありたい。 サラリーマン現役時代は年末になれば「年末調整」でいくら還付されるのか、その金額の多寡が関心事であった。 年金生活者となった今、『年金受給生活者は原則確定申告が必要』とあるが、高齢者にとって申告は煩雑ということで、確定申告不要制度が制定された。その制度によると、公的年金の収入金額が年400万

続きを読む »