2021年の活動を振り返り、新しき年に思いを!

正道官衙でストレッチを楽しむ会  2021年の活動を振り返り、新しき年に思いを! 正道官衙遺跡公園万葉樹木への寒肥施し石碑:表示物清掃ボランティア作業実施。 1月30日ストレッチ後、スコップ.バケツ.雑巾を手に取組む   ・会専用電話機新設 0774.66.7154 (fax同番) 地域力交響プロジェクト交付金を活用して当会専用電話機を会長宅に設置。2月から供用開始、会員の安否確認.対外的に公表電

続きを読む »

ストレッチに最適の時季から、厳寒期に向かうこの時季循環器系等に起因する運動事故が心配されます。              循環器系等に起因する運動事故が心配されます。

正道官衙ストレッチの会は誰でも、いつでも、自由に参加いただき、入退会届もなく、会則も規範を重んじる以外になく、会費も頂かないことも含めて参加しやすい運動の場として地域の多くの皆さんが 参加されるようになってきた。こうして10年の長きに亘って続けてこられたのは、ひとえに参加される皆さまの  自己管理、自己責任の意識の高さによるもので、他には類を見ない素晴らしいことだと考えます。(yamashin)

続きを読む »

昭和48年(1973年)4月に城陽に住まいを求めて得たのが、今住む我が家だ! 襖やガラス戸が、がたつくこともなく、雨漏りもなし、50年の長きにわたって私たちの人生を支え、見続けてくれたありがたい住み家だ。居間の柱には我が子が背比べして、記した成長の証が刻み込まれている。今、その息子が我が家に来た時に、子供たちに『お父さんの〇歳の時の身長はここだよ』と柱に記した位置を、誇らしげに指さす、まさに柱の傷

続きを読む »

「夫婦福々舞」を愛らしく、艶やかに舞う老女、95歳!

枯淡の味、円熟の艶… なんとも表現が難しい程に魅了された老女の舞だ! 過日、お招きいただき京都府民ホール・アルティの舞台、京都・滋賀と広域でご活躍の家元・会主が一堂に集まる『長月に舞う』舞台での❛天羽会桐流の桐 彩楽さん❜… 小柄で柔らかな身のこなし、長年培ってこられた立ち姿が何とも素晴らしい。聞くところによると35,6年前に、この舞踊に魅入られて修行されてきたそうだ。というと、60歳前後の歳で踊

続きを読む »

介護保険情報、認定度合が・・・

≪正道官衙ストレッチの会の会報から転載≫ 介護の認定度合いが三段階上れば20万円の介護保険枠がリセット『三段階リセット」されます。私の母は95歳で介護の認定が要介護2です。 現在、介護の認定は要支援1.要支援2.要介護1~5までの7段階です。 介護保を利用して、家の階段の手すりや床、畳など一人20万円なら1割負担、9割給付を受けられますが、一度保険を使えば二度と使えないと思われている方も多くいらっ

続きを読む »

「 凛とした雰囲気,五体を駆使した舞! 私を魅了した」

「 凛とした雰囲気、五体を駆使した舞! 私を魅了した」 ふとした切っ掛けがご縁で、私は文化パルク・プラムポールで毎年開催される舞踊❛あじさいの会❜裏方のお手伝いをさせて頂くようになった。 天童舞庵 庵主 天童龍輝 さんの舞姿 もう、8年になるだろうか…、最初は関西各地からお越しになる家元、会主のお名前とお顔が一致せず、勿論、いか程の舞の達人であるかも全く存じ上げない舞踊の素人の私であった。しかし、

続きを読む »

FM宇治LAVE出演 スタジオにて・・・求められる快適な運動の場を。

≪FM宇治スタジオ.『以心伝心』LAIV再録≫ ◎MC日暮:「こんにちはMCの日暮です。」 「自己紹介をお願いいたします。」 (カット) 世話役代表山本進出演20分 概略紙上再録致します。 ◎MC日暮:「FM宇治のこの番組出演を三度お願いしました。」「益々お元気で・・・」 『人生50年の時代から100年という時代になり、高齢者が活き活きと華麗に生きていく、良質な健康長寿こそ望まれます。高齢者の日々

続きを読む »

「正道官衙でストレッチを楽しむ会」発足10周年記念誌発行

正道官衙ストレッチの会   発足10周年記念誌8月上旬発行 ダイジェスト 2011年とは東北大震災が勃発した歴史に残る大惨事の年である。今なお惨禍の傷はいえず、悲しみに耐えて、未来の光明を追い求め、すがるような眼差しがうつろに空をさまよい続けている。 時あたかも、正道官衙でストレッチを楽しむ会は、同年7月23日に正道官衙遺跡公園をホームグランドとして発足した。 人生50年時代から100年時代にと寿

続きを読む »

大きな木製のタライ! 懐かしいな~

1950年(昭和25年)頃だった。 洗濯機がなかった時代、大きなタライは大家族の洗濯に、夏は行水に、そして、水浴び・水遊びにと大いに役立っていたことを懐かしく思い出す。 私10歳、やんちゃだったが近くに流れる疏水や桂川の欄干から飛び込んで泳ぐという勇気もなかった、意気地なしだった。 今、私は週2回、スイミングスクールに通っているが、当時、町内50軒ぐらいの家庭で、蹴上の舞踏会や桃山の南部プールに通

続きを読む »

加齢と寂しさ、孤独…

迫りくる寂しさを噛みしめて、S:Fさん主婦89歳… 『今年は弟、昨年は夫と末弟、一昨年は兄と、3年続けての悲しみ。神様をうらみました。黄泉(よみ)の国で4人仲良く、幸せにね』と、一人残された寂しさと孤独感を語っていらっしゃる老女。 99歳で逝った我が父も、晩年よく話していた『兄姉も、幼友達も、近所の同輩もみんな死んでしまった』『俺だけが…』と、呟き、寂しさを語っていたが…この父は少し違っていたと、

続きを読む »

1 2 3 4 5 6 28